自己破産したら新たな気持ちで再スタートを

まさか自分が自己破産することになるなど、最初の頃は全く想像すらしていませんでした。今でもどこか、自分のことではないような気がする部分もあります。自己破産したらいろいろな制約が課されたり、選挙権がなくなったりなど、変な思い込みや噂もありますが、実体験としてはまったくそんなことは無く、通常の日常生活を送るのに何の支障もありませんでした。むしろ、毎月毎月を借金の返済に追われて、ストレスを感じながら憂鬱に過ごすことに比べれば、一時的に手続きは面倒くさいけれども、新たな気持ちで再スタート出来ることの方のメリットが大きかったと思っています。実際に自己破産とは、まさにそのために、国が認めている制度でもあるのです。自分の場合は総額200万円ほどで弁護士事務所に依頼することで自己破産しました。最初の相談料は無料だったのがきっかけで、その後の面談でも良い印象を持てたので安心してお任せすることが出来ました。着手金は分割払いの積み立てにしてもらえたのもありがたかったです。成功報酬は過払い金で相殺することが出来たようで、この点でも助かりました
最後の最後に免責がおりた時の安心感と解放感は、今でも忘れることが出来ません。

週刊新潮・山口敬之氏準強姦報道…被害訴える女性が会見「捜査に不審な点あった」
詩織さんや代理人弁護士らによると、詩織さんは2015年4月3日に山口氏と面会し、翌朝レイプの被害に遭ったと気づいた。4月30日には高輪署で告発状が受理されたが、6月8日に山口氏を逮捕しようと空港に行った捜査員から「上からの指示で逮捕できなかった」と連絡があった (続きを読む)